【ミシュラン】米国で住友商事と提携 タイヤ卸売りでシェア2位に

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友商事は1月4日、仏ミシュランと米国やカナダ、メキシコにおいて市販用タイヤの流通事業で提携すると発表した。両社の販売や物流ネットワークを統合して、今後も成長が見込まれる北米エリアで事業拡大を図る。

 住友商事の子会社、TBCコーポレーション(TBC)に、ミシュラン・ノース・アメリカ(北米ミシュラン)の子会社タイヤセンターLLC(TCi)を統合した上で、北米ミシュランと米州住友商事がTBCの株式を50%ずつ持ち合い、TBCを共同で運営する。

 TBCは市販用タイヤの卸売りや自動車のメンテナンスを行う会社で、2005年に住友商事が子会社化した。米国内に59カ所の倉庫ネットワークを持つ卸売事業と、直営とフランチャイズで合計2400以上の店舗ネットワークを有しており、米国の市販タイヤ市場で約10%のシェアを占めている。またメキシコでは最大規模の倉庫ネットワークを有する卸売事業を展開している。

 一方、TCiは米国内の50州に85カ所の倉庫ネットワークを持ち、市販用タイヤの小口配送ビジネスを手がける。2000年に北米ミシュランが子会社化している。

 今回の統合により、TBCの卸売事業は米国で2位となり、今後拡大が見込まれる市販用タイヤの小口配送ニーズに対し、高い物流機能を提供することが可能になる。さらに、小売事業で成長分野と位置付けているオンライン販売や法人向けメンテナンスサービスについても、TBCのネットワークに、ミシュランのブランド力やノウハウを活用して、一層のサービス向上と事業拡大を図る。

 なお、統合に伴い住友商事は北米ミシュランから約6億3000万ドル(約700億円)の支払いを受ける予定。

 住友商事では、「今後、ミシュランとのパートナーシップのもとTBCの既存事業の拡大と周辺事業の取り込みを進め、北米地域における交換用タイヤ流通市場の発展に貢献する」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】