【横浜ゴム】軽量タイヤ「BluEarth-air EF21」100本限定発売

シェア:
カテゴリー: ニュース

 横浜ゴムは12月5日からヨコハマタイヤのウェブサイトを通じて、大幅な軽量化を実現した低燃費タイヤ「BluEarth-air EF21」(ブルーアース・エアー・イーエフ・ニーイチ)を100本限定で発売した。発売サイズは205/55R16 91Vの1サイズで価格は税抜き2万8700円。

BluEarth air EF21
BluEarth air EF21

 同商品は、最新の軽量設計技術を採用することで、同社の一般的な質量の「ADVAN dB V551」(アドバン・デシベル・ブイゴーゴーイチ)に比べて約25%の軽量化を達成したのが大きな特徴。また、新たに開発した専用コンパウンドと最先端のゴム混合技術の採用により、国内ラベリング制度において転がり抵抗性能「AAA」とウェット性能「a」の最高グレードを獲得した。

 設計面では、トレッド部を薄くし、高い剛性を保つビードフィラーと軽量ビードコアを採用。軽量化によって燃費性能を高めるとともに、使用材料の省資源化による環境貢献を実現している。

 またコンパウンドにはシリカとポリマーの結合を高めるリング剤に加え、シリカの分散・均一を促す分散剤などを配合。また従来の混合技術に対してシリカの分散性が11%向上した新混合技術「A.R.T.ミキシング」を活用。これにより、ウェット性能を大幅に向上させた。

 さらに各部材には発熱が低い新素材を初採用し、エネルギーロスを抑制しつつ、パターンデザインの最適化を図り、ウェット性能の向上やノイズの低減を図った。

 なお、「BluEarth-air EF21」に搭載された先進技術は今後、量販モデルへの採用を進めていく。


[PR]

[PR]

【関連記事】