NASA 火星での使用を想定したタイヤを開発

シェア:
カテゴリー: ニュース
NASAが開発したタイヤ

 米航空宇宙局(NASA)はこのほど、未来の火星で使用する車両を想定した非空気入りタイヤ「スーパーエラスティック・タイヤ」を開発したと発表した。

 このコンセプトモデルは、高い弾性を持つ「形状記憶合金」を採用することで、過度の変形に耐えられるのが特徴。硬い岩石の地表などを走行することによって変形した際も、元の形状に回復することができる。またタイヤとホイールを一体化させたデザインを採用し、軽量化を図ったほか、空気が不要のエアレス構造により、パンクをリスクを無くして安全性を高めた。

 なお、同タイヤはオフロード車両などへ応用することも可能だという。


[PR]

[PR]

【関連記事】