東レのタイヤコード タイヤメーカーでは影響を調査

シェア:
カテゴリー: ニュース

 東レは11月28日、子会社の東レハイブリッドコード(愛知県西尾市)がタイヤコードや自動車用ホース・ベルト用コードなどの製品において、品質データを改ざんしていたと発表した。顧客と取り決めた規格から外れたデータ数値を規格内に書き換えたという。

 改ざんは2008年4月~2016年7月の間で149件行われており、対象製品はタイヤメーカーなどの13社に出荷していた。

 国内タイヤメーカーに東レとの取引状況について確認したところ、ブリヂストンでは「(データ改ざんがあった製品は)一部のタイヤや油圧ホース、コンベアベルトに使用されていたが、当社が行った社内調査の結果では性能に問題はない」(広報部)としている。また、住友ゴム工業では「東レとの取り引きを行っているが、今回の対象製品を使用しているかどうかは調査中」という。横浜ゴムと東洋ゴム工業は東レとの取り引き状況を含めて、調査を進めている。

 東レによると、データの書き換えがあった製品は規格内製品と実質的な差はないという。東レハイブリッドコードはタイヤコードや産業用コード、カーペットパイル糸などの産業資材用繊維製品の加工事業を手がけている。


[PR]

[PR]

【関連記事】