【ブリヂストン】SUPER GT500で連覇 300クラスは横浜ゴム装着車が優勝

シェア:
カテゴリー: ニュース
LEXUS TEAM KeePer TOM’S
LEXUS TEAM KeePer TOM’S

 ブリヂストンがタイヤを供給する「LEXUS TEAM KeePer TOM’S(ドライバー:平川 亮/ニック・キャシディ)」が、「2017 AUTOBACS SUPER GT」のGT500クラスにおいてシリーズチャンピオンを獲得した。ブリヂストンタイヤ装着チームがGT500クラスのシリーズチャンピオンを獲得するのは昨年に続いて2年連続。

 同チームは、第1戦(岡山国際サーキット)と第7戦(タイのChang International Circuit)で優勝しており、11月11~12日に栃木県のツインリンクもてぎで開催された最終戦では2位入賞を果たした。

 なお、シリーズランキングの2位はミシュランタイヤを装着した「MOTUL AUTECH GT-R(ドライバー:松田 次生/ロニー・クインタレッリ)」チームだった。

 また、GT300クラスでは横浜ゴムの「ADVAN(アドバン)レーシングタイヤ」を装着した「グッドスマイル 初音ミクAMG(ドライバー:谷口信輝/片岡龍也)」が優勝した。GT300クラスでのヨコハマタイヤ勢のシリーズチャンピオン獲得は昨年に続き2年連続となる。


[PR]

[PR]

【関連記事】