【横浜ゴム】タイヤ設計と材料開発にAI活用

シェア:
カテゴリー: ニュース
インフォマティクス技術による材料とタイヤの設計開発のイメージ
インフォマティクス技術による材料とタイヤの設計開発のイメージ

 横浜ゴムは10月23日、タイヤのゴム材料と形状設計にAI(人工知能)を活用したタイヤ設計技術を開発したと発表した。高性能タイヤの開発精度や開発スピードを飛躍的に高めることが可能となる。

 同社は以前からゴム材料やタイヤ形状の設計にシミュレーション技術を取り入れてきた。2015年に膨大な仮想ゴム構造のモデル化を可能にした多目的設計探査シミュレーション技術などを開発している。

 今回の新技術はこれらを進化させたもの。従来は技術者が主観的に行っていた情報と知識の探査過程で機械学習を活用することにより、商品に合った性能バランスを実現するために重要となる要素を客観的かつ定量的に短時間で導き出すことが可能となった。今後、数年以内に商品開発への適用を目指す。

マテリアルズ・インフォマティクスの概念図
マテリアルズ・インフォマティクスの概念図

 また、AIなどの情報科学を投入して未知の材料の機能を推定し、新材料や代替材料を効率的に探索する「マテリアルズ・インフォマティクス」によるゴム材料の開発技術も確立した。

 今回の技術は同社のシミュレーション技術と実際のゴムを使用した設計・加工、分析・計測の研究結果から得たデータを統合し、さらにAIによる情報・知識探査を導入したもの。これにより、従来にはなかった高機能なゴム開発の精度向上とスピードアップに繋げていく。将来的にタイヤやホースなどゴム製品の開発に生かす予定。


[PR]

[PR]

【関連記事】