【住友ゴム】エアレースの室屋選手が初のシリーズ優勝

シェア:
カテゴリー: ニュース

 住友ゴム工業がファルケン(FALKEN)ブランドでサポート契約している「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2017」に参戦するマスタークラスのパイロット、室屋義秀選手が、10月14日~15日に米・インディアナポリスで開催された最終戦で勝利し、アジア人として初となるシリーズチャンピオンを獲得した。

 エアレースは、世界トップクラスのパイロットたちが、高速で機動性に優れたレース専用の飛行機を使用するモータースポーツ。時速370kmに達するスピードと10Gに及ぶ重力加速度に耐えながら高さ25mの巨大な空気パイロンで構成された空間を飛行し、操縦スキルや速さを競うもの。

 同社は、鍛え抜かれた高い技術で世界を舞台に活躍している室屋選手と、最先端技術により開発した高性能タイヤで支持を獲得しているFALKENブランドとのイメージが合致するとして、2015年からサポート契約を締結している。


[PR]

[PR]

【関連記事】