バスク TPMS「エアセーフ」に追加モデル

シェア:
カテゴリー: ニュース
タグ: ,
AS-SV1ホイール用センサー
AS-SV1のセンサー部

 バスク(埼玉県志木市)は10月6日、TPMS(タイヤ空気圧管理システム)「エアセーフ」に「AS-SV1」を追加して発売した。メーカー希望小売価格は3万2800円(税抜)。

 新商品はスチールホイールおよび14インチ以下のアルミホイールに対応している。同社は4月に15インチのアルミホイール用の「AS-CV1」を発売しており、今回の追加モデルにより「全ての普通乗用車への装着をカバーした」としている。

 「エアセーフ」はカーメーカー純正部品同等の精度と現在最高レベルの感度を持つセンサーを使用しているという。そのため、空気圧とタイヤ内温度を正確にモニタリングし表示することが可能となっている。


[PR]

[PR]

【関連記事】