日本自動車タイヤ協会 冬タイヤの使用をPR

シェア:
カテゴリー: ニュース
JATMAチラシ
JATMAが作成したチラシ

 日本自動車タイヤ協会(JATMA)が安全啓発活動の一環として、ノーマルタイヤから冬用タイヤへの確実な履き替えや、降雪エリアでの早期装着を呼びかけている。

 同会では2012年から啓発チラシを制作しており、今年は各地区の官公庁などの協力を得て活動を広く展開する。今回、チラシは降雪地域向けと非降雪地域向けの2パターン、合計28万部を作成。また関東や東北を中心とした道の駅に置かれているフリーペーパーなどにも広告を掲載することで、幅広いドライバーにスタッドレスタイヤの重要性と冬道を走行する際の安全運転を訴求する。

 日本自動車連盟(JAF)の統計によると、降雪があった際のロードサービス救援依頼は通常時と比べて急増する傾向にあることが分かっている。一方で、冬用タイヤと夏用タイヤでは積雪・凍結路面での制動距離に大きな違いがあることを知らないドライバーも少なくない。本格的なスタッドレスシーズンを前に、その重要性を改めて伝えていくことが重要となる。


[PR]

[PR]

【関連記事】