【オートバックス】AIによるタイヤの摩耗診断サービス開始

シェア:
カテゴリー: ニュース
タイヤ画像診断のイメージ
画像診断のイメージ

 オートバックスセブンは、AI(人工知能)を利用してタイヤの摩耗状態をチェックできる「かんたん タイヤ画像診断」のサービスを9月26日から提供開始した。公式サイト内に特別サイトを開設し、スマートフォンで撮影したタイヤの画像をアップロードするだけで診断できる仕組み。こうしたサービスは国内では初めてだという。

 同サービスは、日本IBM社が持つAI技術「IBM Watson」(ワトソン)を活用した。事前に登録されている数百枚のタイヤ画像の中から、送信された画像と近似している画像を抽出し、摩耗状態を判別。摩耗度合いに応じて「大」「中」「小」の3段階で表示する。対象となるのは乗用車用のノーマルタイヤのみ。

 同社では「土日しか車を利用しないドライバーは日常的に車に触れる機会が少なく、メンテナンスに詳しくないユーザーも増えている。ドライブ前にこのサービスを活用し、タイヤをきっかけに車のメンテナンスに関心を持って欲しい」としている。


[PR]

[PR]

【関連記事】