【住友ゴム】エアレースの室屋選手 今シーズン3度目の優勝

シェア:
カテゴリー: ニュース

 9月16日から17日に独ラウジッツで開催された「Red Bull Air Race World Championship 2017」シリーズ第7戦で、室屋義秀選手(「Team FALKEN」)が今シーズン3度目となる優勝を飾った。室屋選手は住友ゴム工業がファルケンブランドでサポート契約をしている。

 シリーズ第2戦、3戦で連続優勝を飾り、第4戦で3位を獲得した室屋選手は、今回のレースにおいても予選から決勝ラウンドを通して高い精度とスピードを誇るフライトを披露。これにより、今シーズンの総合順位は2位となった。

 なお、最終戦は10月14日から15日に米インディアナポリスで行われる予定。

 「Red Bull Air Race World Championship」は世界トップクラスのエアレースパイロットたちがレース専用の飛行機を使用して、時速370kmに達するスピードと10Gに及ぶ重力加速度に耐えながら高さ25mの巨大な空気パイロンで構成された空間を飛行するもの。操縦スキルや正確性、速さを競うモータースポーツ。


[PR]

[PR]

【関連記事】