住友ゴム工業 池田育嗣社長「住友ゴムWAYを基本に」

シェア:
カテゴリー: トップインタビュー, 特集

 「高収益・高成長の真のグローバルプレイヤー」を目指し積極的に事業を展開する住友ゴム工業。中期経営計画の最終年度を前に地歩を固めている。目標に向け、いかに取り組むのか。池田社長が本紙にその心境を語った。

目標数値の超過達成を 

 ――先日、14年12月期第2四半期の連結決算を発表されました。まず、業績に対するご感想をお聞かせください。

住友ゴム工業 池田 育嗣社長
「真のグローバルプレーヤーを目指す」

 池田 おかげさまで売り上げ、利益ともに過去最高を更新することができました。しかし、経営環境はどんどん厳しくなってきているのは事実です。米国の景気は良くなってきていますが、中国は下期にかけて減速感が現れてきています。また、価格競争も厳しくなってきています。

 このような中、下期にかけては当社の競争に対する〝強み〟を活かしていかなければなりません。通期で売上高8400億円、営業利益840億円を計画していますが、それ以上のものを狙っていきたい。と言いますのも、来年が中期経営計画の最終年度で、そこでは売上高9400億円、営業利益1000億円を数値目標としています。ですから、14年度中にその数値にいかに近づくかが、下期にかけてのテーマとなってきます。掲げた数値に対し確実に超過達成するというのが、わたくしどものやり方ですから。

 ――住友ゴムの〝強み〟を考えると、第一にグローバル生産・販売体制の構築を挙げることができるのではないでしょうか。

 池田 計画以上の進行度合いで、生産拠点の拡大をグローバルで進めてきています。最近では中国・湖南工場、ブラジル工場、南アフリカ工場、また今年にはタイの農機用タイヤ工場、さらに現在建設中のトルコ工場は来年に稼働を開始する予定です。それ以外でも、タイ工場の生産拡大も順調に進めてきています。本年末には日当たり8万本まで能力増強する予定ですが、これを将来的には10万本まで引き上げる計画です。

 当社は新興国――とくに中国、中南米、中近東、ロシア、インド、アフリカといった地域で販売量を増やしていくという計画を立てています。これら地域で販売量を増やすために生産拠点を新設していますが、このような地産地消はお客様にも歓迎していただいているのです。お客様のニーズがよくわかりますし、それに対応する商品化のタイミングも早くなります。商品を供給するまでには開発期間がありますから、トータルのリードタイムとして考えても地産地消は非常に意味があります。

 お客様のメリットのほかに、これはわたくしどもにとっても大きなプラスとなります。たとえば、日本で生産し輸出するよりも為替感応度が大きく下がりますので経営としては安定してきます。これは当社のビジネスチャンスにもつながってきます。

 今、申し上げたうちインドとロシアには、当社は生産拠点を持っておりません。この地域で販売活動を開始してきて、最近わかってきたことがあります。ロシアの場合、天候の影響をとても強く受けます。天候次第でタイヤ販売量が大きく変わる。そのエリアで、当社の販売量はまだ足りません。そこで生産供給する前に、もっと販売力をつけなければなりません。それが先決です。あと2、3年後には目標に到達したいと考えています。

 インドについては計画通り現地販売会社を設置し、販売活動に積極的に取り組んでおり、販売量は15年末で68万本を計画しています。このインドの場合、州ごとで――国内には州が約30もあるのですが――税率も違えば、商売のやり方も違う。主要な州ではビジネスはうまく行っていますが、全土となると当社の力はまだ足りていません。それを今年から来年にかけてきちんと整備し、販売力をつけてから、生産拠点を構えるということになります。これも最低でも2年くらいはかかると考えています。

ブラジル増強が急務

 新興国市場で最大の中国市場ですが、この中国市場は新車用のニーズが強いのです。当社はそれへの供給が追いついていない。日本車に限らず、VWなど欧州車メーカー、さらには中国ローカルのメーカーからもダンロップブランドが欲しい、そういうニーズが強くなっています。それに対応すべく今、常熟と湖南工場合わせて15年に日産5万7000本まで生産能力の拡大を図っていきます。

 一方、昨年完成したブラジル工場では生産拡大のスピードを上げていきたい。来年末には1万5000本へと増強していきます。このブラジル工場は用地が非常に広いものですから、将来的には3万本、あるいはそれ以上の生産能力拡大を考えています。

 先日、ブラジルやチリなど南米に出張したのですが、現地の工場関係者には生産能力拡大のスピードを上げて欲しいと要求してきました。と言いますのは、チリやペルー、アルゼンチン、ベネズエラといった地域では、ブラジル工場で生産したタイヤの供給が足りていません。足りない分を日本やタイから輸出している状況です。

 ただ輸出の場合、現地に届くまで3カ月くらいかかってしまいます。それではお客様をお待たせすることになりますし、いろいろな環境変化に即応することができません。納期を短縮する工夫に取り組んでいますが、やはり同じ南米にあるブラジル工場から供給するのが一番なのです。

 南米全体として見ますと、中国に次ぐ規模の市場になると考えています。その南米市場のお客様に聞きますと、わたくしどもダンロップに対する期待が非常に高いのです。だからニーズに合ったタイヤが早く欲しいのだと、そういうご要望をどこでも聞きます。従って、ブラジル工場の早期の生産能力拡大は重要なテーマとなります。

 一方、南アではそれまでのアポロタイヤ社のレディスミス工場を当社の南アフリカ工場(南ア工場)として操業しました。現在は日当たり1万本弱の生産能力です。それを1万2000本、その次に1万5000本へという目標で、能力増強に取り組んでいるところです。


[PR]

[PR]

【関連記事】