小野谷機工 地域貢献にひと役

シェア:
カテゴリー: コラム

歴史的建造物を取得し一般公開へ

 福井県越前市はタイヤ整備機器メーカー、小野谷機工の本社所在地。越前打刃物や越前和紙に代表される伝統工芸品、武生菊人形などの名産品を生み育む地だ。絵本作家、いわさきちひろの生家を復元した記念館や、万葉館、蔵の辻と、町を散策しながら文化や歴史に触れることができる観光スポットも多い。

本館2階から望む庭園
本館2階から望む庭園

 その越前市に愛山荘という歴史建造物がある。麻蚊帳で発展を遂げた地元の繊維企業のオーナーが1916(大正5)年、別荘として建てたもの。5500平方メートルという広大な敷地に、本館、離れ、茶室、蔵座敷、そして庭園と梅林が配された邸宅だ。しかしその後老朽化が進み、その企業が所有権を手放したことから解体の危機にさらされた。

 地元文化のシンボルが消えかけたそのとき、救いの手を差しのべたのが同社の社主、三村義雄氏だ。越前市観光協会の会長職も務める三村社主は地域文化と地域社会の振興、社会貢献活動の観点から愛山荘を購入した。およそ1年をかけて修復。このほど一般公開を始めた。

 シンプルだが、洗練された数寄屋造りの建物には、今では珍しいガラス製の戸袋や、地元の職人が手彫りでつくった欄間など、大正ロマンの面影を色濃くとどめる。また回廊式の日本庭園には、湧き水が流れる池をはじめ、四季折々に花を咲かせる草木、さらに100本にも及ぼうかという梅の古木が植えられている。

 本館2階に上がると、古来、地元の人たちから信仰の山として親しまれてきた越前富士、日野山を正面にあおぎ見ることができる。廊下の壁にはいわさきちひろの絵画コレクションが展示。地元の文化と歴史を味わい尽くすことができる新たな観光スポットとして脚光を浴びそうだ。

 愛山荘の住所は越前市若竹町6-27。JR北陸本線・武生駅から徒歩15分。北陸自動車道・武生ICからクルマで10分。


[PR]

[PR]

【関連記事】