整備機器

エイワ「C7425Air/C7465Air」エアーロック式で高精度のバランス修正
レポート 167
167

エイワ「C7425Air/C7465Air」エアーロック式で高精度のバランス修正

 エイワ(兵庫県西宮市、前中勝彦社長)が注力し取り組んでいるのが“技術の可視化”だ。人(ひと)が五感の中でもっとも重視すると言われる視覚。“技術の可視化”とは整備機器の外観デザインやフォルムによって、見る人に直感的に、プロショップが有す技術力の高さを印象付けようというものだ。  そのコンセプトに則って上市した乗用車用タイヤチェンジャー「New WING」シリーズ。市場で好調な販売推移をみせている。…

タグ: ,
奈良県のスリーウッド 新タイプのTPMSを開発
レポート 340
340

奈良県のスリーウッド 新タイプのTPMSを開発

 バルブキャップが光を点滅させることでタイヤ空気圧の低下を知らせる――そんな新しいタイプのTPMS(タイヤ空気圧警報装置)が登場した。開発したのはタイヤ販売店、スリーウッド タイヤの森(奈良県桜井市)の代表、森啓二さんだ。  森さんはタイヤ販社勤務を経てタイヤ店を開業した、この道50年のベテラン。空気圧の低下によるトラブルを間近で見てきた。その経験から、「タイヤ空気圧の低下を“見える化”すれば、ユ…

タグ:
東洋精器工業 4本同時充てん可能な窒素ガス発生装置「NI-160P」
レポート 173
173

東洋精器工業 4本同時充てん可能な窒素ガス発生装置「NI-160P」

 タイヤ内に窒素ガスを充てんする  安全と環境、経済性の観点から、通常のエアー(空気)に対し得られるメリットは非常に大きい。中でも広く知られているのは「窒素ガスを充てんするとタイヤ空気圧が減りにくい」こと。その理由とは何か――。  タイヤの主原料である天然ゴムのガス透過係数を比較するとヘリウム1.0、酸素0.8に対し、窒素は0.3。数値が大きくなるほどゴム膜を構成する高分子の隙間からガスが抜けやす…

タグ:
“プラス1インチの余裕”で作業性向上 エイワの新型タイヤチェンジャー
レポート 478
478

“プラス1インチの余裕”で作業性向上 エイワの新型タイヤチェンジャー

 “技術の視覚化”という、従来の概念とは異なる視点からタイヤ整備サービス機器の開発に取り組むエイワ(兵庫県西宮市、前中勝彦社長)。乗用車用タイヤチェンジャーでは「New WING」シリーズを展開し、新風を巻き起こしている。その同社が2018年の新製品第1弾として上市したのが、「WING PFZ245」(ウィング・ピーエフゼット・ニーヨンゴ)。同社の特許技術「プレミアムFOUR(フォー)シリンダー」…

タグ: , ,
【東洋精器工業】ターゲットを小型化し簡単装着 3Dアライナー新発売
レポート 217
217

【東洋精器工業】ターゲットを小型化し簡単装着 3Dアライナー新発売

 自動ブレーキシステムをはじめとする先進の安全技術が開発され、多くのクルマに搭載され始めている。だがタイヤなど足廻りの整備が整っていなければその機能はフルに発揮されない。言い方を変えると、足廻りの整備がきちんと果たされてこそ先進の安全技術が有効になるのだ。  例えば、前を走るクルマに追従するクルーズコントロールシステムや、レーンをキープするアシストシステム――これらはホイールアライメントが正しく調…

タグ: ,
【小野谷機工】乗用車用タイヤチェンジャー「エクシード X/MX」発売
レポート 472
472

【小野谷機工】乗用車用タイヤチェンジャー「エクシード X/MX」発売

 小野谷機工(福井県越前市、三村健二社長)は1971年、現在社主である三村義雄氏が創業した。その前身となる小野谷屋の設立はさらに10年前の1961年のことである。  その小野谷機工を核とするONODANIグループとしては、歴史をさらに遡ることができる。実は今年10月、グループ創業70周年の節目の年を迎えたのだ。  また2017年は隔年開催されるオートサービスショーの開催年でもあった。6月に東京ビッ…

タグ: , ,
【小野谷機工】「ウェイトヒーター装置」「ブースターエアジャッキ」を新発売
レポート 490
490

【小野谷機工】「ウェイトヒーター装置」「ブースターエアジャッキ」を新発売

 タイヤ整備機器をはじめ更生タイヤ製造や廃タイヤ処理の機器・システムの国産メーカー、小野谷機工(福井県越前市、三村健二社長)。“タイヤ業界に貢献できる商品をお届けする”ことをモットーに、機器の開発に取り組む。  タイヤ整備作業の現場で聞かれるユーザーの声、それこそが同社新商品の企画・開発のベース。「この作業のときにこんな機能が備わっていたら」「この部分がより使いやすくなれば」「このときの速度がもっ…

タグ:
【小野谷機工】5つの新機能を搭載した「ALMAX EXCEED XX」
レポート 550
550

【小野谷機工】5つの新機能を搭載した「ALMAX EXCEED XX」

 タイヤ販売・整備の現場で今、深刻化しているのが人手不足と作業スタッフの高齢化の問題。クルマ社会の安全・安心を担保する、重要な役割を持つタイヤ。その整備の技能をいかにして次世代に伝承していくか、非常に重要な局面に置かれていると言っても決して過言ではない。  そのような状況を打開する具体的アイデアの一つが「現場での作業を少しでも楽にすること」。――すなわちタイヤ整備機器に新機能を搭載することによって…

タグ: , ,
【東洋精器工業】セーフティケージ発売 爆風を安全に誘導
レポート 421
421

【東洋精器工業】セーフティケージ発売 爆風を安全に誘導

 東洋精器工業は6月からセーフティケージ(安全囲い)の新製品としてLT/TB用ブラインド式セーフティケージ「TD-TBi」の本格販売を開始した。同社の太田正彦取締役販売企画部長に話を聞いた。  新製品は、空気充てん作業中に万が一タイヤが破裂した場合、そのときに生じる強烈な爆風からの被害抑制を図るもの。  セーフティケージに対する性能ニーズはこれまで、タイヤホイールやサイドリング、さらにはゴム片とい…

タグ: ,
キャップに装着する新感覚TPMS「ブルーセンサー」
レポート 1,019
1,019

キャップに装着する新感覚TPMS「ブルーセンサー」

 トライポッドワークス(宮城県仙台市)は新型タイヤ空気圧センサー(TPMS)「BLUE-Sensor」(ブルーセンサー)をリリースした。2輪車から大型トラックバスまで、エアバルブの形状が合致すれば同一の規格を使用できる。現在TPMSの大勢を占めるホイール組み付け型と異なり、エアバルブにキャップとして装着して使用するため、取り付け作業には特に技術を必要としない。  クラウドサービスを得意とする同社が…

タグ: ,
バスク「エアセーフ」シンプルで高機能なTPMS発売
レポート 654
654

バスク「エアセーフ」シンプルで高機能なTPMS発売

 バスク(埼玉県志木市)は4月よりタイヤ空気圧監視システム(TPMS)「エアセーフ」の販売を開始した。エアバルブに装着する直接式で、センサー4台と車内モニター1台のセット。希望小売価格は税抜3万6800円。  小笠原孝嗣社長が「OE装着品と遜色ない精度と性能を持ちつつ、この価格に抑えた。性能面はもちろん、コストパフォーマンスでも決して他社に負けていない」と自信を示す同製品はどのようにして生まれたの…

タグ: ,
【東洋精器工業】エア充てん時に無線リモコンを活用
レポート 465
465

【東洋精器工業】エア充てん時に無線リモコンを活用

 タイヤの空気充てん作業を行うとき、万一の破裂事故から身を守るのに必要不可欠な機器がセーフティーケージ(安全囲い)である。ただ、作業の流れにおいて、セーフティーケージの中にタイヤを入れるという工程が加わることから「面倒だ」と、ついそれを省いてしまうケースが見られるようだ。  そのような現実に対し、タイヤ整備機器を供給する企業は手をこまねいているわけではない。エアーチャックを接続すると自動的に空気充…

タグ: ,
【東洋精器工業】機能をフル搭載したバランサー
レポート 945
945

【東洋精器工業】機能をフル搭載したバランサー

 東洋精器工業(兵庫県宝塚市、阿瀬正浩社長)は2016年、創業70周年という大きな節目を迎えたことを機に、ホイールバランサーの製品戦略について見直しを図っている。  主力製品の一つ、ホイールバランサーではこれまで、「TRIM」(トリム)と「PRESTO」(プレスト)と、2つのシリーズを上市していた。それをこのほど「TRIM」シリーズに集約化。太田正彦取締役は「初心に帰り、東洋精器のホイールバランサ…

タグ: ,
【エイワ】簡易型タイヤ防護シート「SNS-1」
レポート 448
448

【エイワ】簡易型タイヤ防護シート「SNS-1」

 エイワ(兵庫県西宮市、前中勝彦社長)の大きなトピックとして挙げられるのが2016年度グッドデザイン賞受賞だ。しかもタイヤチェンジャー「WING(ウィング)CZXシリーズ」と、出張サービスカー「EIWA M.T.S(モバイル タイヤ サービスシステム)」とのダブル受賞という快挙を果たした。  同社では「今回の受賞を契機に『ものづくりにおけるデザインの活用』を積極的に推進し、足回り整備に貢献する最新…

タグ: ,
爆風を回避、小野谷機工がセーフティケージ発売
レポート 517
517

爆風を回避、小野谷機工がセーフティケージ発売

防風板でバースト時の危険回避 小野谷機工(福井県越前市)は9月よりセーフティケージの新製品「TC~TACS」シリーズを発売した。今年3月に乗用車・小型トラックタイヤ用の製品を上市したのに続き、今回はタイヤ径1200mmまでのトラック・バス用タイヤに対応するモデルとなっている。  新製品は、ケージの両側面の金属メッシュ部分を「ブラストシールド」と呼ばれる防風板で覆うことで安全性を大きく向上させたのが…

タグ: ,