ディーラー

「本数より中身の商売」内海タイヤ工業所
ディーラー 258
258

「本数より中身の商売」内海タイヤ工業所

 有限会社内海タイヤ工業所は、品川区東中延の国道1号線沿いに店を構える。店頭には新品のタイヤだけでなく、信頼の厚い顧客からの委託品である高級中古タイヤも並んでいる。今年創業69周年となる同社は1948年、戦後すぐに内海正裕社長の父が開業した。店内には以前入庫したビンテージカーの写真もあり、土地柄輸入車も多いという。 イレギュラーにも対応する熟練の技術  折しも取材中、一台の車両がタイヤ交換に訪れて…

タグ: ,
高いサービスと対応力で勝ち残る、中部タイヤセンター
ディーラー 385
385

高いサービスと対応力で勝ち残る、中部タイヤセンター

 名古屋市港区。南部には日本を代表する国際港である名古屋港があり、コンテナを積んだトレーラーや大型トラックがひっきりなしに行き交う。そんな物流の要衝で生産財を中心に多くの車両の足元を支えている中部タイヤセンターは、業界に先駆けて24時間対応のレスキューサービスやITを活用したタイヤ管理システムの導入など付加価値のあるサービスに注力することで顧客の信頼を獲得してきた。林鋼司社長は、「専業店だからこそ…

タグ: ,
1万円に10万円の付加価値を、イエローハット柏若柴店
ディーラー 514
514

1万円に10万円の付加価値を、イエローハット柏若柴店

 ロッキーエンタープライズ(千葉県柏市、宮澤加代社長)は、千葉県を中心に、合計8つのイエローハット店を展開する。  専務取締役の渡部伸一氏によると、同社の創業者はイエローハットの母体となったローヤルの社長、鍵山秀三郎氏とともに、その黎明期からカー用品販売に取り組んできた。ローヤルで常務取締役を務めた後、1982年に独立。ロッキーエンタープライズを設立し、第1号店を埼玉県三郷市内に立ち上げた。  そ…

タグ:
タイヤワールド館ベスト 広域戦略1号店オープン
ディーラー 236
236

タイヤワールド館ベスト 広域戦略1号店オープン

激戦区で強い存在感を  自動車タイヤ・ホイールの大型専門店、タイヤワールド館ベスト(宮城県仙台市、菅野孝志社長)は10月1日、関東地区で初出店となる栃木・宇都宮店を新規オープンさせた。  宇都宮店は、住所が栃木県宇都宮市陽東2丁目6-2。JR宇都宮駅の東口、産業道路・陽東3丁目交差点沿いに所在する。敷地面積850坪、延べ床面積300坪、売り場面積120坪、駐車スペース40台分、作業ピット2レーンと…

タグ:
身軽さで激戦区を生き抜く、川越市の山川タイヤ商会
ディーラー 391
391

身軽さで激戦区を生き抜く、川越市の山川タイヤ商会

 埼玉県川越市、国道16号線沿いに営業所を構える有限会社山川タイヤ商会。首都圏近郊を環状に結ぶ沿線には、カーディーラーや中古車販売店、タイヤ量販店が軒を連ね、現在も続々と新規出店がある。その激戦区で今年創業59年を迎えた同社は、ヨコハマタイヤ関東販売株式会社川越営業所と同じ敷地内にある。店舗と営業所の共生は今では珍しくなったが、そのメリットを活かした営業力が強みだ。 販社と敷地を共有するメリット活…

タグ: ,
有限会社ミズノタイヤ 枝葉を育てるような事業展開
ディーラー 183
183

有限会社ミズノタイヤ 枝葉を育てるような事業展開

 埼玉県狭山市に所在する有限会社ミズノタイヤでは、ホイール修理や塗装などを専門に行うミズノリペアショップを展開している。  大澤公義社長は10年ほど前にタイヤ販売を幹としながら枝葉になる事業としてさまざまな技術を導入した。そのひとつがホイールの塗装加工だ。同社では熟練の腕による複雑な塗装ほか、顧客の希望に合わせたパウダー塗装やメッキ塗装、さらに柄物まで様々な加工が可能だ。同社がクルマパーツのカスタ…

タグ:
「自らの業界を良くするのは自分たち」協和タイヤ商会
ディーラー 213
213

「自らの業界を良くするのは自分たち」協和タイヤ商会

 神奈川県横浜市金沢区にある有限会社協和タイヤ商会。1981年の設立以来、地域に密着した会社運営を徹底してきた。今年5月に2代目の社長となった山口智之さんは持ち前の明るさと行動力で自分の業界、自分の地域を盛り上げる活動に日々邁進する。「頼まれたから仕方なく」といった“やらされている感” は微塵も感じられない。その源にあるものは「恩返し」の気持ちだ。  「その人に必要とされるのであれば、責任感も出て…

タグ:
タイヤワールド館ベスト帯広店 顧客の暮らしに溶け込む存在
ディーラー 299
299

タイヤワールド館ベスト帯広店 顧客の暮らしに溶け込む存在

 タイヤワールド館ベスト帯広店は三光グループ(北海道帯広市、髙橋繁樹会長)が運営母体のフランチャイズ店。グループの発祥の地で、同店は強い存在感を示し続けている。  グループの礎となる有限会社髙橋商事(北海道帯広市、髙橋義美社長)は1971年に創業した。当初はトラック・バス用タイヤの回収と更生タイヤ用台タイヤの販売が事業の中心だった。  その創業からさして時間をおかずに、新品タイヤの販売事業にも取り…

タグ:
タイヤワールド館ベスト新川店 密度濃いコミュニケーションを
ディーラー 366
366

タイヤワールド館ベスト新川店 密度濃いコミュニケーションを

 タイヤ・ホイールの大型専門店、タイヤワールド館ベスト(宮城県仙台市、菅野孝志社長)。地元、宮城県で積極的な店舗展開を行っている。宮城県以外では現在、岩手県と北海道でフランチャイズ店を出店展開中だ。このうち北海道では新川店(札幌市)、帯広店(帯広市)、苫小牧店(苫小牧市)の3店がある。いずれもタイヤリサイクル事業を推進する三光グループ(北海道帯広市、髙橋繁樹会長)がその運営母体となっている。東北地…

タグ:
磯タイヤ工業 資格や技術に恥じない仕事を
ディーラー 599
599

磯タイヤ工業 資格や技術に恥じない仕事を

 東京都墨田区曳舟にある磯タイヤ工業株式会社(ミスタータイヤマン向島磯)は、昭和24年に磯文雄社長の父が同地で創業した。軽トラックが入る程度のスペースから始まった同店は、周辺の家屋や土地を少しずつ買い取り、現在は数台を同時に格納できる広い作業スペースを持つ。基本的に土日祝日も営業し、下町の足元を担う同店は、年間販売本数1万本を目標に個人客の拡大を目指す。その理由と狙いはどこにあるのか――。  広々…

タグ:
相広タイヤ商会 一般客増の秘策は掃除にあり
ディーラー 476
476

相広タイヤ商会 一般客増の秘策は掃除にあり

 タイヤガーデン川越(相広タイヤ商会)は、国道に面した地の利の良い立地にある。大型のタイヤラックには、通行人だけでなく走行中の車からも目を引くポップが設置され、キャンペーンの看板が設置されていた。もともとは法人や卸販売が中心だったが、現在は一般客が増加し、売上が逆転した。今年2月には横浜ゴムの第8回YCN増販コンクールで目標達成率第2位を飾り、表彰を受けた。経営の転機はどこにあったのか――。  同…

タグ:
加登ゴム「揃わないものはない」が誇り
ディーラー 322
322

加登ゴム「揃わないものはない」が誇り

 東京都練馬区にある株式会社加登ゴム。現在グッドイヤーの代理店である同社は、1920年に社長の祖父が創業した。東京オリンピックの年に100周年を迎える、非常に歴史の長い会社だ。社長の父の代では更生タイヤの組合活動に注力し、その功績によって藍綬褒章を受賞。また、代理店として力を入れ始めた先代社長のデザインで、社内は青と黄色のカラーリングで統一され、スタイリッシュなオフィスとなっている。そんな同社の姿…

タグ:
タイヤショップ池袋 その時にできる一番を
ディーラー 262
262

タイヤショップ池袋 その時にできる一番を

考えは柔軟に、決めたことはまっすぐに  東京、池袋。都心部に位置する有限会社タイヤショップ池袋は、創業昭和36年の老舗だ。従業員3名の同店は、前身から含めると85年の歴史を持つ。長い歴史の中、大きな時代の転換期を何度も乗り越えてきた同店の姿勢をうかがった。  小野寺邦雄社長は、戦前戦後からの激動の時代を乗り越え、60年以上ビジネスを続けてきたコツを「その時その時でできる一番をやってきた。自分で考え…

タグ:
扇町タイヤ 機動力地域№1を心がけて
ディーラー 421
421

扇町タイヤ 機動力地域№1を心がけて

 大阪府タイヤ商工協同組合のメンバー、扇町タイヤ(山岡伸嘉社長)はこのほど、本社ビルを新設した。4月に移転し新社屋での営業を開始している。山岡社長がかねてから目標としていた自社ビル。本紙は早速、お訪ねした。  新・本社ビルの住所は、大阪市北区東天満2丁目1番15号。移転前の賃貸物件(大阪市北区松ヶ枝町)とは通りを挟んで斜向かい。  日本一長い商店街と言われる天神橋筋商店街。新・本社ビルはその近隣に…

タグ:
有限会社ラウダ「時代の変化に柔軟であること」
ディーラー 237
237

有限会社ラウダ「時代の変化に柔軟であること」

 東京、江東区白河に店を構える有限会社ラウダ(ミスタータイヤマン白河店)。マンションの1階にピット1台分の店舗を持つ同社の歴史は、まさに昭和の激動とともにあった。激変を繰り返す下町の客層をどう乗り越えてきたのか。時流に柔軟な考えと、人情を大切にしながら地域に根を張る同社の姿勢を、田中丈司社長にうかがった。 下町ならではの義理と人情  同社の創業は昭和22年4月。戦後間もなく、社長の父が同地に開業し…

タグ: