レポート

三光産業の勇払リサイクル工場 更なる生産性向上へ
レポート 93
93

三光産業の勇払リサイクル工場 更なる生産性向上へ

 北海道を中心に、タイヤのリサイクル事業に取り組む三光産業(北海道帯広市、髙橋勝也社長)。北海道苫小牧市内と宮城県仙台市内にリサイクル工場を稼働させている。その同社がこのほど、勇払リサイクル工場(苫小牧市)にマテリアルリサイクル専用の新処理施設を開所し、生産性のさらなる向上を実現した。現場からレポートする。 新処理施設の稼働開始 マテリアルリサイクルの更なる生産性向上へ  タイヤを活かし 未来を生…

タグ: ,
【横浜ゴム】平塚で環境イベント 市民ら3100人が参加
レポート 78
78

【横浜ゴム】平塚で環境イベント 市民ら3100人が参加

 横浜ゴムは11月11日、神奈川県の平塚製造所で体験型環境イベント「第9回 Think Ecoひらつか2017」を開催した。“みんなで学ぶ、遊ぶ、楽しめる”コンセプトに、地域住民や従業員家族と親睦を深めながら、環境保全に取り組む同社の企業姿勢を訴求した。  当日は、同社から中澤和也執行役員(平塚製造所長)をはじめ、平塚市の落合克宏市長や近隣住民など、3100人が参加した。  開会式で中澤執行役員は…

タグ: ,
嘉門タイヤサービス 技術力がアイデンティティ
ディーラー 204
204

嘉門タイヤサービス 技術力がアイデンティティ

 タイヤ専門店にとって、拠り所となるのがタイヤ整備の技術だ。顧客への最大のアピールポイントであり、他店との差別化を図る手段ともなる。石川県白山市の嘉門タイヤサービスもそう。整備技術の“腕”を店のアイデンティティとし、さらなるスキルアップに取り組んでいる。  嘉門タイヤサービスの所在地は石川県白山市橋爪町337番1。同社の代表を務めるのは橋本健司さん。1993年、自宅を拠点に個人商店としてこの仕事を…

タグ: ,
【小野谷機工】乗用車用タイヤチェンジャー「エクシード X/MX」発売
レポート 234
234

【小野谷機工】乗用車用タイヤチェンジャー「エクシード X/MX」発売

 小野谷機工(福井県越前市、三村健二社長)は1971年、現在社主である三村義雄氏が創業した。その前身となる小野谷屋の設立はさらに10年前の1961年のことである。  その小野谷機工を核とするONODANIグループとしては、歴史をさらに遡ることができる。実は今年10月、グループ創業70周年の節目の年を迎えたのだ。  また2017年は隔年開催されるオートサービスショーの開催年でもあった。6月に東京ビッ…

タグ: , ,
【ブリヂストン】東京小平で五輪イベント開催
レポート 147
147

【ブリヂストン】東京小平で五輪イベント開催

 ブリヂストンは10月29日、東京都小平市にある技術センターで参加型スポーツイベント「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!in小平」を開催した。  このイベントは、2020年に開かれる東京五輪に向けて、地域の住民らと一緒にオリンピック及びパラリンピック・ムーブメントを盛り上げていくことを目的として2016年から始めたもの。今回が5回目の開催で、小平では2回目となった。  当…

タグ: , ,
【東京モーターショー】自動運転、AI、スポーツ――未来のクルマ
レポート 178
178

【東京モーターショー】自動運転、AI、スポーツ――未来のクルマ

 「東京モーターショー2017」には世界10カ国から153の企業・団体が出展し、カーメーカー各社は自動運転やAI(人工知能)など最新のテクノロジーを搭載したEV(電気自動車)を多数発表しました。その一方で、市販化が近いと思われるSUVやスポーツカーのコンセプトモデルにも注目が集まっていました。各社の主要モデルを写真で紹介します。

タグ: , ,
【東京モーターショー】コンチネンタルのタイヤを電子化する技術
レポート 294
294

【東京モーターショー】コンチネンタルのタイヤを電子化する技術

 「東京モーターショー2017」に出展した独コンチネンタルのブースではタイヤ製品も多数展示。その中で注目を集めたのは9月のフランクフルトモーターショーで発表した「ContiSense」(コンチセンス)と「ContiAdapt」(コンチアダプト)の2つの技術コンセプト。  「コンチセンス」はタイヤに内蔵したセンサーを利用してトレッドの深さと温度を測定し、タイヤの損傷をドライバーに警告する技術。導電性…

タグ: , ,
【東京モーターショー】横浜ゴム「軽量タイヤ」「光るタイヤ」を展示
レポート 332
332

【東京モーターショー】横浜ゴム「軽量タイヤ」「光るタイヤ」を展示

 「東京モーターショー」で横浜ゴムは、最新の軽量設計技術を採用したコンセプトタイヤ「BluEarth-air EF21」(ブルーアース・エアー・イーエフ・ニーイチ)を展示した。開発サイズは205/55R16 91Vの1サイズ。国内で年内に限定発売を予定している。  同商品は、軽量で薄くかつ高剛性な構造を実現し、一般的な質量の「ADVAN dB V551」(アドバン・デシベル・ブイゴーゴーイチ)と比…

タグ: , ,
【東京モーターショー】住友ゴム ダンロップとファルケンの技術訴求
レポート 328
328

【東京モーターショー】住友ゴム ダンロップとファルケンの技術訴求

 住友ゴム工業は「東京モーターショー2017」でダンロップとファルケンの2大ブランドを訴求した。  ダンロップブースでは、タイヤの新品時の性能を維持する「性能持続技術」を採用したコンセプトタイヤを披露した。摩耗や経年劣化による性能の低下を抑え、5年が経過しても新品時の性能と変わらないことを可能にする技術で、2020年の量産化を目指す。  この技術では性能持続を実現するため、摩耗による性能変化を予測…

タグ: , ,
【東京モーターショー】ブリヂストン イノベーションの旅路
レポート 242
242

【東京モーターショー】ブリヂストン イノベーションの旅路

 「東京モーターショー」にブリヂストンは持続可能なモビリティ社会に向けたイノベーションの旅路をテーマに出展した。ブースには、2015年のソーラーカーレース「ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」で活躍した工学院大学のソーラーカーや、「エアフリーコンセプト」採用のタイヤを搭載した自転車の試乗コーナーを設置した。  ソーラーカーには、低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」(エコピア・ウ…

タグ: , ,
【東京モーターショー】グッドイヤーの自動運転を見据えたコンセプトタイヤ
レポート 197
197

【東京モーターショー】グッドイヤーの自動運転を見据えたコンセプトタイヤ

 グッドイヤーは「東京モーターショー2017」で自動運転社会を見据えた球体タイヤ「EAGLE 360」(イーグル・サンロクマル)と、それをさらに進化させたモデル「EAGLE 360 URBAN(アーバン)」の2つのコンセプトタイヤを日本で初公開した。  「EAGLE 360」は自然界の生物の機能を模倣した技術(バイオミミクリー)を取り入れて、サンゴの一種であるブレインコーラルの形状を採用している。…

タグ: , ,
タイヤワールド館ベスト清田店「できません」とは言わない店に
ディーラー 230
230

タイヤワールド館ベスト清田店「できません」とは言わない店に

 大型ショッピングモールが続々と誕生し、札幌市内で今、もっとも注目度の高いスポット、清田区。そのアクロスプラザ清田に10月5日、グランドオープンしたのがタイヤワールド館ベスト清田店(札幌市清田区)だ。北海道内でタイヤワールド館ベストをフランチャイズ展開する三光産業(北海道帯広市、髙橋勝也社長)が、それまでの札幌市北区新川のタイヤワールド館ベスト新川店を移転し、ここに新規開店したもの。三光グループと…

タグ: ,
緻密な設計で静粛性高めた横浜ゴム「ADVAN dB V552」
レポート 487
487

緻密な設計で静粛性高めた横浜ゴム「ADVAN dB V552」

 横浜ゴムは11月1日に乗用車用プレミアムコンフォートタイヤの新商品「ADVAN dB V552」(アドバン・デシベル・ブイゴーゴーニ)を発売する。新商品のコンセプトは「車内の空気感を変える、かつてない静粛性」。“ヨコハマ史上最高の静粛性”を実現するため、パターンデザインやプロファイル、内部構造、部材レベルの設計まで全てをゼロから見直して開発した。近年、プレミアムカー以外でもニーズが高まっている“…

タグ: , , , ,
【小野谷機工】「ウェイトヒーター装置」「ブースターエアジャッキ」を新発売
レポート 245
245

【小野谷機工】「ウェイトヒーター装置」「ブースターエアジャッキ」を新発売

 タイヤ整備機器をはじめ更生タイヤ製造や廃タイヤ処理の機器・システムの国産メーカー、小野谷機工(福井県越前市、三村健二社長)。“タイヤ業界に貢献できる商品をお届けする”ことをモットーに、機器の開発に取り組む。  タイヤ整備作業の現場で聞かれるユーザーの声、それこそが同社新商品の企画・開発のベース。「この作業のときにこんな機能が備わっていたら」「この部分がより使いやすくなれば」「このときの速度がもっ…

タグ:
【小野谷機工】5つの新機能を搭載した「ALMAX EXCEED XX」
レポート 359
359

【小野谷機工】5つの新機能を搭載した「ALMAX EXCEED XX」

 タイヤ販売・整備の現場で今、深刻化しているのが人手不足と作業スタッフの高齢化の問題。クルマ社会の安全・安心を担保する、重要な役割を持つタイヤ。その整備の技能をいかにして次世代に伝承していくか、非常に重要な局面に置かれていると言っても決して過言ではない。  そのような状況を打開する具体的アイデアの一つが「現場での作業を少しでも楽にすること」。――すなわちタイヤ整備機器に新機能を搭載することによって…

タグ: , ,